ホームページ新規制作

ホームページで何を伝えたいのか?何を見て欲しいのか?
成果の出せるWebサイトをお客様と一緒に目指します!

ホームページ新規制作実績

株式会社アクア・プロジェクト様
http://www.aqua-project.jp/

下水処理で無駄なコストが掛かっていませんか?エコロジー・省エネ・低コストを実現。公共下水道・農集排施設の汚泥減容施設のことでしたら、株式会社アクア・プロジェクト様へ!

ホームページ新規制作時のポイント

まず、何から始めたらいいの?

初めてホームページ(Webサイト)を立ち上げるとき、既に、御社(あなた)
が掲載したい情報、業務内容、商品などがあると思います。
しかし、実際に作るとなると、いったい何から手を付けていいのか、
どのように内容をまとめたらいいのか、
どんなデザインにしたらいいのか・・・
お悩みではないですか?

 

内容をどうやってまとめたらいいの?

ルナウエブデザインのこれまでの制作履歴を振り返ると、「まず、内容(コンテンツ)をどのようにまとめたらよいか」をお悩みのクライアント様が、非常に多いのです。例えば、下記のことから整理してみるのは、いかがでしょうか。

 

ホームページ(Webサイト)の目的は何ですか?

当然、御社(あなた)の情報、業務内容、商品などを掲載する事が目的だと思います。しかし、それを紙面ではなく、インターネット上に公開するのはなぜでしょうか?「多くの人に見てほしいから」でしょうか、「未知の新規顧客を獲得するため」でしょうか、あるいは、「社内(組織内)で情報を共有・連絡するため」でしょうか。
「何のためにサイトを公開するのか」という、大きな意味での目的を明確にすることも大切かと思います。

 

誰に見せたいサイトですか?

誰に見せたいサイトなのか」。つまり対象は、御社(あなた)が情報を発信したい相手です。それは誰でしょうか。
「不特定多数の人々」「主に男性」「主に女性」「主にビジネスマン」
「特にIT関連会社のビジネスマン」・・・
さらに、こんな観点もあります。「御社(あなた)が情報を発信したいターゲットユーザー」と「あなたの情報を探しているターゲットユーザー」の両者がいます。
御社(あなた)の想定の中で、その両者の層は一致していますか?

 

何を見せたいサイトですか

ホームページ(Webサイト)の目的」や「ターゲットユーザー」が明確になると、御社(あなた)が持つ膨大な情報のうちの「どの部分をサイトで見せたいか」が明らかになってくることでしょう。
これは、「サイトのテーマ」とも言えるものでしょうか。

 

それを、どうやって表現すればいいの?

見せたい内容(コンテンツ)がはっきりしてきたところで、それをどうやってWebページにまとめていくのか。
ここから極めて具体的な作業になるわけですが、これがホームページ(Webサイト)の制作です。

 

具体的な作業

事業内容のグループ分け

まず、情報をおおまかにグループ(カテゴリー)分けすることは、できるでしょうか。 例えば、「会社概要のグループ」「サービス内容のグループ」「商品案内のグループ」「支店案内のグループ」など、内容によって分かれてくるグループです。

 

これらの枠組みを作る事で、各グループ内にどんなページが必要なのかが、見えてくるかもしれません。しかし、このグループ(カテゴリー)分けには、「御社(あなた)がまとめやすいグループ構成」と、「ユーザーが把握しやすいグループ構成」という、2つの見方があります。

 

必要なページの洗い出し

グループ(カテゴリー)分けができたら、その中にどんなページが必要でしょうか。
不特定多数のターゲットユーザーを想定するなら、サイトに訪れた人は「初めての訪問者」の可能性があります。「初めての訪問者」にとっては、全てが未知の情報です。その人に対して、いきなり専門的な文言だけのページを見せるのがよいのか、それともまず、専門的な知識が無くても読める「概要」を見せておいて、徐々に専門分野に誘導していくのか。後者の場合では、それだけで例えば2ページの構成が考えられます。
また、多様な商品を紹介するには、一定のルールにのっとった掲載方法が「初めての訪問者」に対しては良いかもしれません。例えば「最新の商品だけを載せたページ」と「昨年の商品だけを載せたページ」という区分けなどの方法です。

 

サイトマップの作成

グループ分け、ページ構成ができてきたら、御社(あなた)が視覚的・俯瞰的にそれをとらえるため、サイト構成図(サイトマップ)を作る方法もあります。
どこにどれだけのページが存在するのか、それらのページ同士がどのようにつながっているのかなどを、直感的に把握しやすくなります。

 

原稿・写真などの準備 原稿や写真など、具体的な準備

事前に完璧な準備を終えてサイト制作に臨むということは、簡単な事ではありませんし、実際にあまり例を見ません。しかし、できる時にできるところから準備していく事で、サイト制作を円滑にする事はできます。時間は待ってくれません。
なお、掲載する写真については、その著作権や肖像権など、許可が必要なものについては十分にご注意下さい。

 

機能やデザインの方向性を検討

サイトの構成、掲載する写真や文章の準備ができたら、それを組み合わせてデザインしていくと同時に、使いやすい機能を考えることになります。いったいどんなデザインがいいのか?どんな機能が使いやすいのか?・・・これは決して一概には言えませんが、ルナウエブデザインではお客様のご要望と訪問者の方から見た客観的な立場でより良いデザイン、わかりやすい内容での構築を行ってまいります。

お問い合わせ

ページトップへ戻る